FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞折り込みチラシの経費節約法・「押し紙」

これから年末年始で、新聞折り込みチラシを入れることを計画しているゲームショップもあると思います。その時の注意点について、「押し紙」があるということを知っておくと、広告費の経費の節約ができるでしょう。


新聞には「押し紙」というものがあります。新聞社が販売店にノルマとして買い取りを強要し、読者に配達されない新聞です。

公称3000部という販売店も、実際の販売部数は2000部しかないということがあるわけです。「押し紙」だけの問題なら新聞社と販売店だけの問題で済みますが、私たちチラシ広告を出す小売店側としては「その地域の全家庭にチラシを入れたい」と考え、販売店の公称販売部数の3000部のチラシを渡します。しかし実際は2000部しか配達されていないので1000部のチラシは無駄になります。


チラシを入れる販売店も「押し紙」がどれだけあるか言わないと思います。ネットで「押し紙」というキーワードで検索すると、押し紙の率が6割の販売店もあるという記事が見つかりました。6割もあると新聞販売店自体の経営も成り立たないと思いますので真実はどうか疑わしいものです。どれだけの押し紙がある判りませんが、「押し紙」があるのは既定事実のようです。私の推測ではおおむね2割前後の「押し紙」はあるのではないでしょうか。


押し紙分を無駄にしないように、新聞折り込みをする場合はそれを考慮して、差し引いたチラシを依頼するようにしています。


地域によって折り込み料金は違いますが、例えばB4サイズまでのチラシを入れる場合3円かかるとして10万部の折り込みチラシを入れた場合、2割少なくするだけでも6万円、紙代や印刷代も考えるともっと節約できます。


節約できた分で、折り込みチラシの範囲を広げたり、他の広告媒体で宣伝することができると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

押し紙について

久野仙一妄言集
なるブログに詳しく書かれています

No title

http://www.mynewsjapan.com/reports/988
これは新聞社の詐欺だ
プロフィール

有限会社サーバー

Author:有限会社サーバー

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。